読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退社後直帰系OLの戯言

退社後は即帰宅。インドア系オフィスレディー(笑)ぼちぼち婚活をしたりしなかったり。

Second Lifeを見学しながら未来の彼氏を探すお話(中編)

f:id:u-bb:20160306181724p:plain

▼前回の記事

u-bb.hatenablog.com

▼前回までのあらすじ

未来の彼氏を探すべく、セカンドライフを始めた佐倉さくら。しかしエンカウントできたのは2人の外国人だけであった。崖から転落しながらもひたすら歩き続ける佐倉。道中、手に入れた浮遊術を駆使することで無事テレポーターへと辿り着き、期待に胸を躍らせながら白い霧に包まれるのであった(意味不明)

 

(3)とにかく散歩してみる

テレポーターを超えれば、そこには新しい空間が広がっていました。人が多くて感動!しかしみんな腕組んだまま静止してます、怖すぎる。おそらくテレポートしてから放置してる人がここに集まってるのかと。マメじゃない男性は嫌いですから、ちょっと新たなスポットへ旅立とうと歩き出します。

f:id:u-bb:20160306220237p:plain

中国的な空間へやってきました。しかし誰もいない・・・。そして突然の雨に見舞われました。悲しすぎる。

f:id:u-bb:20160306220727p:plain

雨も止み、散策を続けていると、遠くにこの島に似つかわしくない派手なエリアを発見。あそこなら人がいるはず!

f:id:u-bb:20160306220945p:plain

善は急げと言うものです。道を探すのも惜しいので、海に飛び込み海底から目指すことにします。

f:id:u-bb:20160306221208p:plain

無事上陸しましたが、何なんだここは。派手なネオンで一番目立っていた建造物なのですが、誰もいません。

f:id:u-bb:20160306221358p:plain

「CLUB SL」というクラブみたいですね。全盛期はたくさんの人で賑わっていたのでしょうか。今は見る影もありませんが。閑古鳥が鳴くクラブで、一人黙々と踊っている女性がいました。夜中、廃れた商店街の中でダンスの練習をしている若者を彷彿とさせます。

f:id:u-bb:20160306221631p:plain

とりあえず記念に座ってみました。背景には何と表現したら適切なのかわからないような空間が広がっています。果たして運命の人に出会えるのでしょうか・・・。

f:id:u-bb:20160306222045p:plain

続く。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。